Please, click any one of the titles above to open the room with the title, in which you may be interested, then, you might find  some materials relevant to your interests.

池袋・淑徳大学公開講座の報告と予告

 2015年2月21日(土)13:15-14:45には、「自分と他人を理解する道を求めて」と題する講義を行いました。

 2015年6月27日(土)、池袋の淑徳大学サテライトキャンパスで、「現象学を楽しみましょう」と題して、「吉田章宏ゼミナール」を開きました。多くの方々がご参加くださり、出会いを楽しみました。吉田章宏記す。

 2016年2月27日(土)、13:15-14:45には、「抽象と具体」を主題として、「吉田章宏ゼミナール」を開きます。興味と関心をお持ちいただける方のご参加をお待ちします。吉田章宏

 

「現象学の絵本」が出版されました

 2015年4月15日に、東京の文芸社から、『絵と文で楽しく学ぶ 大人と子どもの現象学』吉田章宏 本文イラスト西川尚武 という本が出版されました。お子さまへの贈り物、お孫さまへの贈り物、あるいは、ご自身の学びのお楽しみに、ご活用くださいますよう、お願い申し上げます。 

                        吉田章宏 記す

 

◎ 2015年2月16日(月)、本日、「教育の世界」に9点、Works in Englishに2点の論稿を追加しました。

  スキャンするのも、一日仕事でした。読み返してみて、書いた本人が面白く感じています。歌人窪田空穂の短歌に在る通りです。そして、そのことを愉しくまた嬉しく思っています。幸せですね! あは、は、は。・・・・。ご一緒に、お笑いください。さらに、徐々に充実させて行きます。

  2月22日(日)に、さらに3点を追加しました。今後も、徐々に追加して参ります。 

 3月2日(月)、「教育の世界」の冒頭に資料を1点、加えました。

   3月4日(水)、「教育の世界」に、「少年の感情と表現に学ぶ」を、加えました。

 3月5日(木)、「心理学の世界」に、「学ぶ と 教える:学教の心理学」を加えました。

 3月10日(火)、「教育の世界」に、「学ぶ人と教える人との出会い」を加えました。

 3月11日(水)、「心理学の世界」に、「発達理論」を加えました。

                           Works in Englishに、2001年のIHSRC in Tokyo の資料を追加。

 3月12日(木)「心理学の世界」に、「これからの授業研究 これからの心理学」を、

             「教育の世界」に、「学力の『パワーズ・オブ・テン』へのスケッチ」と

            「アメリカの数学教育」を加えました。

  3月13日(金)「心理学の世界」に、「子どもと教師:子どもと教師の相互理解の心理

          学への道」と、「現象学的心理学の子ども理解: 赤ちゃんの誕生体験」

          を、 「教育の世界」に「『工学的接近』と『羅生門的接近』」を加えた

  3月14日(土) 「心理学の世界」に、「出来事の現象学的心理学:犯罪の被害者・

          犠牲者となる体験」を加えました。

 4月2日(木) ”Works in English” と「教育の世界」に、2015 YOSHIDA, Akihiro (2015) A Proposal of a Program:Writing a Picture Book on Phenomenology for Children. A Montreal Program on Phenomenology  Phenomenology of Learning and Teaching, 16. Miyagi University of Education, Faculty of Education, 85-99  を加えました。

 

◎ New Uploading in the section: Works in English

 2015.2.16.Mon. Two new items in English have been uploaded today. Please, look into the Works in English section. One is a Manila speech draft and the other is an oral presentation draft in Sydney on the occasion of the International Congress of Psychology. 

 2015.3.11.Wed. The two items have been uploaded:The Cover page and the brief Message of the Abstracts for the 20th International Human Science Research Conference in 2001 in Tokyo. This is for the memory of those who participated the Conference in Tokyo and also to express our lasting gratitude to the sincere efforts for organizing the Conference by the Japan Planning Committee sponsored by the Counselling Institute, Taisho University, in Tokyo. .

 

 未公刊の手稿を掲載し始めるまでには、まだ、しばらく時間がかかりそうです。ともかく、少しずつuploading を続けたいと思っています。どうぞ、よろしく。   

 ホームページに掲載することの許諾を得る作業を省略して、とりあえず掲載し、もしご注意を受けたら、即時削除するという方針で進めさせていただきたい、と考えるようになりました。恥ずかしながら、高齢による命の残り時間の少なさと戦うためです。手続き抜きの掲載は、もちろん、総て吉田章宏個人の単独執筆のものに限ります。共同執筆のものは除外します。また、現在、新刊書として市場に出回っているものも、当然、除外します。しかし、その場合でも、なお、仮にホームページ「掲載は不可」、「許諾できぬ」、とのご判断が関係出版社・編集部などで生じた場合には、ご面倒をお掛けして恐縮ですが、宮澤賢治の言葉に耳を傾けて、「訴訟は起こさずに」、右上のPoint of Contact を通じて吉田章宏宛てに直接ご通知くだい。お願いいたします。ご通知があれば、何はともあれ、即刻削除いたします。そのようにお約束することで,ご寛容を乞い、許諾取得作業を簡素化し、掲載の速度を速めたいと願います。老い先短い老人の我がままとして、ご寛恕頂ければ、有難く存じます。 吉田章宏記す

http://www.yas73.jp/newpage5h.htm  安永 浩 博士のホームページ

 

 これは、故 安永浩博士が遺された、ホームページです。博士は、精神科医として、英国の哲学者ウォーコップの思想に傾倒なさり、独自の精神病理論を開拓為さいました。金剛出版からの著作集を始め、多くの著作を遺していらっしゃいます。『精神の幾何学』岩波書店は、一般に、広く読まれています。実在論と観念論を統合するパターンという考え方を駆使して、精神病、ことに「精神分裂病」(=統合失調症)についてのパターンの理論を展開されました。精神医学界への遺産として、これからますます注目され発展させられて行きますことを、また、このホームページが、世界に向けての、貴重な手掛かりとなりますことを、お祈り申し上げます。 本稿は、2001年、人間科学研究国際会議が東京で開催されました折に、その全体会議で、安永博士が口頭報告なさった時の原稿です。博士のホームページにリンクさせていただきました。2014年12月1日記す。吉田章宏

 

このホームページは、閉鎖された模様です。IHSRCでのご報告は、後日、アップロードする予定です。ご期待ください。


 2015年春には、2月21日(土)13:15-14:45に、「自分と他人を理解する道を求めて」と題する講義を行うことを予定している。興味とお時間がありましたら、どうぞ、ご参加ください。(このゼミは終了しました。)